お客様の声

できるだけやってやる

中学3年生の物語

中学生の男の子。

その年齢特有の・・・
何も話さない・・・状態。

反抗期というほどでもなく
でも何を考えているかわからない。

お母さんは安心ではなくなり・・・

とにかく管理しようとしました。

「勉強はしてるの?」
「今日は何があったの?」

言えば言うほど、よけいに話をしなくなりました。

ほとほと
困ったお母さん。

ノート1枚。
男の子と一緒に書きました。

「あれ?意外に素直に書くなぁ・・・」
とお母さん。

男の子の書いた結論は

「できるだけやってやる」

お母さんの期待は実はわかっていて
言葉にしていないだけだったようです。

ノートがあると、親子の関係も良くなってしまいます。

「できるだけやってやる。」

PAGE TOP