ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

いつ「守」⇒「破」とするか

No.1797,298

昨日は、エステを経営する
おふたりと
その師匠で
研修会を実施しました。

ベッドも買っちゃいましたよ☆

↑施術用ベッド

~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小企業に寄り添う
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

その師匠は
常に勉強熱心で

常に先をみて
鍛錬されています。

そして、それを
伝えていただき

自分なりに整理をして
技として身に着け

お客様の不具合を
解消するために
日々
努力を積み重ねているお二人です。

ご自身のブログでも
ご紹介されていました。

OZmall『整体部門』予約件数10位を受賞しました☆彡
https://ameblo.jp/nestbodytreat-sato/entry-12838043523.html

師匠のお話で
興味深いことが
ありました。

武道やこういった技術を
見つける過程で

守破離

という考え方があります。


最初の段階では、指導者の話を守る。
できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、
指導者の価値観を自分のものにしていく。
すべてを習得できたと感じるまでは、
指導者の指導の通りの行動する。


次の段階で、指導者の話しを守るだけではなく、破る行為をしてみる。
自分独自に工夫して、指導者の話になかった方法を試してみる。


最後の段階では、指導者のもとから離れて、自分自身で学んだ内容をさらに発展させる。

「守」

いつまでも、ずっと
師匠の真似だけでも発展はしません。

かといって
すぐにオリジナルの方向へ
向かっても
基礎力がないので
限界が訪れます。

師匠の考えでは

数値で表わしていても
なかなかつかみづらい状況では
ありますが

私は期間として
とらえてみることとしました。

20年間、その道を歩むとしたら
16年間は基礎に忠実に
そして破のオリジナリティをいれ
そのあと、離の領域へ。

うーん。

私としては、10年間かな、と
思ったりもします。

10年間。

基本を学び
研鑽を積む。

そして、自らの
工夫も試しながら
少しづつ、進化していく。

どうぞ。
ご自身の
あれこれに
あてはめてみてくださいね。

大事なことは基本。

ITの基本を身に着けて
まずはマニュアル通り使ってみる。

そして、ご自身のビジネスに
活かせるかどうか、工夫をする。

さらにビジネス自体を
変革できないか考える。

そのステップがDXです。

まずは、3か月、基本を学んでみるのが
いいかも。

さて、経営者でありながら
学ぶことを続ける
3人の姿に

勇気をいただく研修会でした。

最後は

ただの飲み会でしたけどね(笑)
(写真は自粛)

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

DX学校春日部校 2024年2月22日開校

DXってなに?


と思われた方はこちらへどうぞ↓

お申込はこちら↓
ゼロから始めるDX入門セミナー



ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

PAGE TOP