ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

手書きをテキストに変換するには

No.1840,341

自宅に戻ったら
こちらが届いていました。

IT導入診断士の認定証です。
DX学校を開校するための必須要件。

~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小企業に寄り添う
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

先日、ある方の確定申告を手伝っていました。

レシートがたくさん。

以前は、これを1枚1枚、
仕訳して入力していたものです。

これが今は・・・

マネーフォワードという
ソフトを使ってみました。

写真でパチリ。

自動的に
借方貸方に分けて
(複式簿記)
仕訳をしてくれます。

なんといっても
便利なのは

摘要欄に買ったお店などの情報が
入っているところ。

これ

AIOCR機能と言います。

AIOCRとは
AI OCR(人工知能光学文字認識)は、AI技術を活用してOCR(光学文字認識)のプロセスを改善する技術やサービス

便利です。

今回は、会計ソフトに組み込まれているものを
使いました。

では、普段使いで
紙ベースで取得したものを
電子ファイルにできないだろうか・・・

と思ったとき

どうされています?

ひたすら打ち込む

以前はそれしかありませんでしたね。

いくつか方法を試してみました。

なるべくお金をかけずに。

お金をかければ
すごいものはたくさん売ってます。

業務で大きな改善が見込めるなら
採用するのも一つの選択肢です。

今回は、
手書きでいただいたアンケートの内容を
一覧表でまとめたい

 ⇒ テキストベースで保存できるかの検証

前提条件 
 アンケートへ手書きで回答

3つの方法で実験してみました。
 

1.iPhoneアプリの活用
2.Googleworkspaceの活用
3.PDFからの変換

画像だけ、比較してみます。

まず、原本

1.iPhoneアプリの活用MicrosoftLENS

2.Googleworkspaceの活用(Googleドキュメントで開く)

3.PDFからの変換AdobeCreative(有料))

 

 画像だけでは
わかりにくいかもしれませんが

今回に関して言えば

 2.Googleworkspaceの活用

 が一番、私の要望に応えてくれました。

 ほとんどの文字を正確にテキスト化して
くれていたので、編集も楽にすることができました。

 きっともっと細かい設定などすれば
どのソフトも使えるかとは思うのですが・・・

 そもそも、入口の段階で
Googleフォームで入力して
いただければ、あっという間です。

結論。

入力から切り替えることが
一番のはや道ですよ。

つまり、仕事で言えば

契約の段階から
電子化しておく。

お店なら
注文の段階から電子化しておく。
スマホでの注文受付などがそれにあたります。

それがDXの始まりです。

お試しくださいね。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

DX学校春日部校 2024年2月22日開校


個別相談は下記フォームからもどうぞ。



ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP