心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1009 私が”FP”と名乗らなくなったワケ

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

なぜ、この事業を始めたか。
書かせていただいています。

[blogcard url=”http://takeuchifp.com/2020/6/4/no-1008/”]

育児休職をきっかけに事業計画担当へ異動。
数字を積み上げる楽しさに目覚めました。

 

個人的な興味もあり、FP資格を取得。
“お金”への興味と広がりが
芽生えたのはこの頃です。

 

数字には想いが込められていて
やりたいことを実現するために計画を立てていく。

 

個人も会社も同じだと思いました。

 

[word_balloon id=”7″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″ icon_type=”exclamation” icon_position=”top_left” icon_size=”M”]人の役に立てるのでは?[/word_balloon]
これって人の役に立てるのでは?

 

手に職をつけたい。
まだまだ自分本位の時代。

 

さて、独立するにはどうするか。

 

何か柱が必要だと考え、
法人の福利厚生制度を推進する会社へ
転職しました。

 

毎日、社長さんを訪ね

 

何に困っているのか
なぜ、この会社を立ち上げたのか

 

お話を伺っていました。

 

共通することは
・仕事が大好きなこと
・税金は払いたくないこと
・ずっと仕事を続けていきたいが、事業承継は心配
・名誉はほしい
・従業員との関係が難しい
・資金繰りに悩んでいる
・老後が心配

 

そんな一面を垣間見ることができました。
本当はやりたいことが
あったのに
目の前のお困りごとで頭がいっぱいです。

 

私は金融商品を提供していたのですが
それで、社長さんのお悩みが解決することもあれば
全くしないこともありました。

 

あるとき、
社長さんが資金繰りに困り
「この保険は自殺でも出るのかい?」と。

[word_balloon id=”6″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″ icon_type=”bummer” icon_position=”top_left” icon_size=”M”]この保険は自殺でも出るのかい?[/word_balloon]

自殺は免責期間がありますが、受け取ることはできます。

 

でも、その時は「出ません」と伝えてしまいました。
出ると伝えたら亡くなってしまうのではないかと、
感じてしまったからです。

 

本当なら、その言葉を発した理由と何か解決策を
一緒に考えるべきだったのではないか、

 

とずっと忘れることができません。

 

そのころの私には為すすべが浮かびませんでした。

 

そのあと、その会社は倒産し
その社長さんと連絡をとることは
できなくなりました。

 

商品を提供する、という一部の関わりあいではなく、
その会社に関わっていくにはどうしたらいのか。

 

社長さんのやりたいことをサポートして
いくにはどんなチカラが必要なのか。

 

そんなことを模索しながら10年間。
その仕事をつづけました。
システムエンジニアも結果10年以上続けての転職なので、
社会人生活20年以上での独立になります。

 

第一段階としてFPとしての事務所を立ち上げました。

 

相談業務については、その頃立ち上がったばかりの女性FPの会社へ
修行のように通いながら修得。

 

春日部から関内へ。

 

往復5時間です。

 

FPとして活動する中で、
どうしようもない違和感を感じることがありました。

 

FP=保険

 

保険ではなくても、
必ず商品を提供する人

 

という関係性です。

 

商品を提供しない相談業務で
成り立たせることはできないものか

 

というジレンマと。
税理士にも相談できない事業者さんからの
ご相談をお受けし、
解決手法の狭さを感じているときに、
キャッシュフローコーチングに出会いました。
この頃から私は自分を
ファイナンシャルプランナーとは
名乗らなくなります。

 

社長さんのビジョンを実現するために、
お金の道筋をつける

 

キャッシュフローコーチとして
ご相談にのりました。

 

それによって人へ
与える印象は異なっていたようで、
事業主さんのご相談を受け、
顧問としてサポートできるようになってきました。

 

社長さんの事業としての成功と
個人としての成功をサポートすることができるのか。

 

個人の幸せ、というところが
CFP資格保有者ならでは、なのかもしれませんね。
そう、FPは職業名ではなく資格のひとつと
とらえることで、意味づけが変わってきます。

 

CFP資格とは

[blogcard url=”https://www.jafp.or.jp/confer/fpsoudan/choose/performance.shtml”]

世界24カ国・地域で認められ、
世界共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる
プロフェッショナルであることを証明する上級資格です。
国際CFP®組織FPSBとのライセンス契約の下に、
日本では日本FP協会が認定を行っており、
約2万人の資格取得者が活躍しています。

 

社長のCFO(社外財務顧問)
であるCFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)
CFC(キャッシュフローコーチ)
ということで

 

竹内美紀CF事務所。

 

(CFにはもうひとつ意味がありますが
また別の機会に。)

 

なんだかあまり感情は上下させずに
ざくっと書いてしまった感じが
しますが。

 

まだまだ、変化と成長をする予定☆
お客様と一緒に成長を。

 

2日にわたり読んでいただき
ありがとうございました。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪
PAGE TOP