心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.969 免除をして将来受け取る額はどうなるか

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

国民年金保険料を減免 新型コロナで収入急減なら

[blogcard url=”https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58512220V20C20A4EA2000/”]

自営業の方は
国民年金を支払っていますね。

 

保険料は月に1万6540円。

 

ご夫婦ならその倍。

 

これについて
収入が急減していた場合に
免除となるとのことです。

 

では、免除になった時に
受け取る時はどうなるか。

 

簡単に言うと・・・

 

年金を受け取るために必要な期間には
算入され

 

年金を受け取るために必要な額については
減額されます。

 

簡単じゃないかな。

 

現在、10年以上
国民年金を支払えば
受けとる資格があります。

 

その年数には、免除した期間も
カウントされるので
9年支払い、1年免除の場合も
受け取る権利がある

 

ということです。

 

一方受け取る時。
もともと、半分は国が拠出して
くれているので
全額免除・・・1/2
半額免除・・・3/4
(その他1/4免除や3/4免除もあります)

 

の保険料は払ったことになります。

 

たとえば、極端な例では
1年で受け取れる年金額のめやす (令和2年度の金額)
・40年納付した場合
781,700円
・40年全額免除となった場合(国庫負担2分の1で算出した場合)
390,850円
となります。

 

全額免除となった期間は、
半分は払ったことになります。

 

これから1年全額免除した場合は
781,700円 × (480カ月ー6カ月)/480カ月
⇒ 771,928円
10年以内なら追納ができます。

 

詳しくはこちら↓
日本年金機構

[blogcard url=”https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html”]

 

今、目の前の支出を抑えることは
必要です。

 

そして、将来どのように影響するのかも
可能な範囲で考えてみましょう。

 

・資金を手元におく
・支出を減らす
・売上をあげる方法を考える

 

今すべきこと。
ひとつひとつ。

 

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪
PAGE TOP