心もお金もみちてくる3つのMの法則

親から愛されていない、と思ったら

No.1333

[temp id=2]

親から愛されていない。

そんなふうに思ったことは
ありませんでしたか?

自分も多感な頃。
専業主婦の母に対し、
無意識にぞんざいな態度を
とっていたような気がします。

そうすると
それは自然に母にも伝わっていて。

自分だけ夕食がない。

そんなこともありました。
(夕食の時間に帰ってこないので
今思えばあたりまえ・・・)

自分が親になり。

自分が少し人と違う行動を
とった時も。

「なにがあっても
味方だから」

と背中を撫でてくれたのは
他でもない、母でした。

ライフワークとして
読書感想文教室や
方眼ノートforKIDSを
開催しています。

日頃、忙しいお母さんが
お子さんと1対1で寄り添っています。

あぁ。こんな時間が
子どもとしても
親としても必要だったのだと

今、思います。

自分の子どもへももちろんのこと。

今、子育てで
苦しんでいるお母さん。

この時間が
何かのきっかけになれば
と思い開催しています。

今ならば。

素直に
「ありがとう」

「ごめんなさい」

も言えたかもしれません。

この講座は自分も
育てなおされる時間なのかもしれません。

そして、
明日から、
ちょっと入院してきます。

母が「家に寄って」
というので
寄ってきました。

コロナ禍の関係もあって
「行けなくてごめんね」

と。

いやいや。
84歳の母が病院に来ること自体が
危ないでしょう。

と思いましたが
いつまでも子どもは子どもなのかも
しれません。

そっと、渡してくれたのは
お金でした。

お金は愛情の表現でも
あります。

だからこそ。

お金のサポートを
しているのかもしれません。

親子と
お金と

そんな想いが積み重なって
今の仕事に繋がっているのかも
しれません。

同じような想いを
抱え、もし動けなくなっていたら

会いにきてくださいね。

退院したら
また、元気に
講座やご相談していますので。

では。
また、書きます。

https://ppp.takeuchi-cfc.jp/kids

[temp id=3]

PAGE TOP