心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1129 がんばれ、システムエンジニア

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
“生きにくい”をなくし
未来を拓く思考術で
人が変わる瞬間に関わり続ける
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

「最悪の停止」東証のシステム障害、海外も注視

[blogcard url=”https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64503290R01C20A0000000/”]

 

東京証券取引所がシステム障害により
株式などすべての金融商品を終日売買停止。

 

これの何が問題かというと
何が原因か究明できていない、
ということです。

 

私、以前
銀行のシステムの開発担当でした。

 

システム障害は、
年に数回発生し

 

発生しては修正し
徹夜をしてでも
なんとか翌日の営業開始までには
間に合わせました。

 

翌日の朝から見守り、
無事に帳票を作るところまで
緊張しながら過ごしていきます。

 

システム対応。

[word_balloon id=”8″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]システム対応。[/word_balloon]

私の中で
大嫌いな言葉でした。

 

その現場の大変さが
思い浮かびます。

 

システム障害の起こる原因として
・システムを新しくした
・基本となる参照する情報を新しくした
・特殊な日だった
などなど特異要素を
洗い出していきます。

 

昨日と異なった点。

 

そこに着目すると
答えがでてきたりします。

 

コロナ禍で売上ががくんと
減った社長さんと

 

今後の2年間の月単位の
キャッシュフローを確認しました。

 

どうも数字の動きがおかしい・・・

 

前月比、前年比をしながら
丁寧に数字のチェックをしながら
精査していきます。

 

異常値を探す。

 

そこから
答えが生まれてくることも
あります。

 

ここで凄いと
思うのは

 

社長さんの感覚の中で
異常値がわかっていることです。

 

そういう場合はだいたい
設定ミスがあります。

 

人とシステム双方で
チェックをし

 

そして将来の数値を
みつめていきます。

 

東証のシステム障害。
ハード的なエラーなら
交換すればOKです。

 

何が原因なのか。

 

現場の混乱が
わが身のように感じ

 

昔の記憶がよみがえります。

 

システム対応。
がんばって。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

仕事や会議、セミナー活用、学校の勉強。
ノートひとつの使い方で結果に大きな差が出ているとしたら,
あなたはどうしますか?

たかがノート,されどノート。

ノートの使い方が変わってくることで「成果」がグッと変わってくるとしたら。
その方法を手に入れたくないですか?

そして、そして。
人によっては人生までも変わってしまうかもしれないこの方法。

未来を拓くメルマガ 配信開始いたします。
メルマガ登録の方の特典もあるかも☆

ご登録はこちら↓
[blogcard url=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bJqOwxte”]

PAGE TOP