心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1084 適切な時に適切な〇〇を

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
“生きにくい”をなくし
未来を拓く思考術で
人が変わる瞬間に関わり続ける
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

 

昨日は熱中症アラートが発動されました。

[blogcard url=”https://weathernews.jp/s/topics/202008/170045/”]

一部では40℃・・・

 

ここで大切なことは
水分補給になります。

 

スポーツ等をして
水分補給をする時に
「水」だけでは
行けないそうです。

 

なぜか。

 

大量の汗をかいた後は
塩分が失われているからです。

 

では、何を補給すれば
いいのか。

 

スポーツドリンク。

 

と単純に思っていました。

 

日本スポーツ協会の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」によると、
運動時に適した水分として以下が推奨されています。
(1)5~15度に冷やした水を用いる
(2)飲みやすい組成にする
(3)胃にたまりにくい組成および量にする
具体的には、0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg)と
4~8%程度の糖質、つまり、1Lの水に食塩1~2g、砂糖40~80gが
含まれたものをすすめています。

 

スポーツドリンクと
呼ばれているものにも
2通りあるそうです。
「アイソトニック飲料」

「ハイポトニック飲料」

 

運動前や後に飲むといいと言われている
身体の体液と同じ浸透圧で
作られていて
吸収力がいいのが
「アイソトニック飲料」

 

一方、体液より浸透圧が低く
汗をかいて体液が薄くなっている時に
早く水分が吸収する運動中や運動直後は
「ハイポトニック飲料」

 

ややこしいですか?

 

運動前後は
ポカリスエット。
アクエリアス

[blogcard url=”https://athleterecipe.com/column/1/articles/201907180000387″]

運動中は
VAAM

[blogcard url=”https://athleterecipe.com/column/1/articles/201907180000387?page=2″]

そんな感じです。
こんなふうに
身体の状態に合わせて
適切な飲料が必要となります。

 

あなたの状態に
合わせて
必要な状態、必要なノウハウを
吸収しているでしょうか?

 

とにかく
日々の頭のもやもやで
毎日がすっきりしない

 

そんな時に必要なこと。

 

毎日のタスクを
とにかく頭の中から
全てだして
行動につなげる方法があります。

 

頭の中をすっきりさせると
新しいことも入っていますね。

 

10分間でですっきり。

 

10min FOCUS Mappingオンライン講座初級

[blogcard url=”https://ppp.takeuchi-cfc.jp/10min”]

 

まずは、すっきりしたい。

 

私も毎日書いています☆

 

そうそう。
水分は体重60Kgの人で2リットルくらい必要とか。

 

適切なタイミングで適切な飲み物を
しっかりと補給して
熱中症には注意しましょうね。

 

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

仕事や会議、セミナー活用、学校の勉強。
ノートひとつの使い方で結果に大きな差が出ているとしたら,
あなたはどうしますか?

たかがノート,されどノート。

ノートの使い方が変わってくることで「成果」がグッと変わってくるとしたら。
その方法を手に入れたくないですか?

そして、そして。
人によっては人生までも変わってしまうかもしれないこの方法。

未来を拓くメルマガ 配信開始いたします。
ご登録はこちら↓

[blogcard url=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bJqOwxte”]

PAGE TOP