ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

可能性を信じるとは

No.1556,055

電車でパソコンを
広げています。

始発に乗って新幹線。
意外に人が多く、皆がんばってるなぁ
と思いながら出発です。

~*~*~*~*~*~*~*~*

「心もお金」もみちてくる
「3つのM」の法則
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

先日のPTA総会の流れで
進路説明会がありました。

昨年の実績、学校としての方針。
参考になる話が続きます。

・通学時間など隙間時間を活用した

・学校の定期テストは
基盤づくりとして大切

・部活、勉強、行事
ひとつひとつに取り組むことで
自然に受験に集中できるようになる

などなど、受験を控えた親たちには
興味津々の内容です。

これの何がおもしろいかというと
話してくれたのが
卒業した生徒さんということです。

この3月に卒業したばかり。
大学生になりたて。
受験への心構え。
実際にやってみての感想。

おもしろい・・・

無事に合格した方ばかりなので
それをそのまま
息子に応用できるかはともかく

とても耳が痛い
言葉がありました。

「親に言われたくなかったこと」

このままで大丈夫?

という言葉だそうです。

模試の結果が悪かった時に
志望校はそのままで大丈夫なのか。
少し下げた方がいいのではないか。

そんなふうに言われると
これまでの努力が無駄なような気がして
悲しくなる

そんなふうに言っていました。

親があれこれ
口出しをしない。

子どもが伸びるためには
大事な要素です。

本日の打合せ。

ご自身の運営している教室で
読書感想文教室を
大阪で開催したい

というご要望から
打合せを実施します。

この読書感想文教室。

3時間で書き上げる

という一番の目的とともに
大事な目的が
あります。

それは

お母さんは口出しをしない。

これがルールです。

「ここは、句読点が」
「こんな感想、変」

と言われているうちに
その感想文は
親のものになっていきます

すると
子どもは
自分の文ではなくなり

すっかり
やる気がなくなります。

教室を開催した時も
そんな風景が垣間見られ・・・

ふてくされているお子さんが
いました。

そこで・・・

「おかあさん、ルールなんでしたっけ?」
とお声がけをします。

「あ」

と気づいたおかあさんは
そのあとは口だしをせず

がんばって見守ってくれています。

すると・・・

今までみたこともない
感想文ができあがります。

「こんなこと
子どもが書けるなんて」

感動の声が届きます。

重要なことは

見守ること

大切なことは

その子の可能性を信じることです。

そうは言ってもね・・・
という気持ちも
すっごくわかります。

信じる。

信じてもらえたら
裏切れないですものね。

さて、今日は始発で
大阪です。

子どもたちの可能性を伸ばし
母を解放する

そんなきっかけになれたら
嬉しいです。

そして、コラボする企業の
お役に立つのが
本テーマ。

いってきます。

そうそう、隙間時間の活用。
生徒さんも言ってくれていましたね。

私は隙間時間には・・・

ブログを書いています 笑
それから、あともうひとつ。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

心がみちるお金もちになる
練習へと導く
竹内美紀でした。



========================

経営のこと、講座の情報を月・水・金に発信しています

心もお金もみちてくる
「3つのM」の法則
~Quality time for you~



思考の整理をして行動したい方はこちら↓

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP