心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.847 除夜の鐘はうるさい?

「出会えてよかった!」人になる。 ~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年 
社長を救い続けた 春日部のお金の専門家
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。
 
大晦日から
新年にかけて響く「除夜の鐘」

うるさい
と苦情が寄せられ
民事調停にもなり
防音パネルを設定すれば良し
となったとか。

日経新聞↓
[blogcard url=”https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39397220W8A221C1CC0000/”]

 

その防音パネルが高額で
なかなか設定できないとのことで
とりやめになったそうです。
2つ。捉え方が
あって。

仏教の教えとして
他の人に迷惑をかけるならば
それはやめた方がいい。

人の心を安らかにするために
存在しているのに
人の心を苦しめるのであれば
やめた方がいい・・・という
考え方です。

 

もうひとつは
本来の目的を
確認する必要があります。

 

伝統行事には
そもそもの意味があります。

除夜の鐘は
108の人間の煩悩を鎮めるために
実施し、新しい年を
清らかな気持ちで迎える・・・

108の煩悩とは

 

①人間の感覚5感+1・・・6パターン
「眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)」
そして心が働く「意(い)」
②好・悪・平・・・3パターン
③きれい、きたない・・・2パターン
④時間軸・・・3パターン
「前世・今世・来世」

①×②×③×④
6*3*2*3=108
その他にも説はあるようですが★

煩悩というと
悪いことと
思われがちですが
それは
自分の欲求を満たし
成長したい、という
あり方につながることだと
思ったりもします。

煩悩と
向かいあって見つめなおす。

そんな大切な時間を
持つことは
やめてはいけません。

 

ゴーンという鐘の響きを
自分の心に
響きわたし
自らを見つめなおす。

そんな時間を
年の瀬に持つ伝統は
持ち続けたいと
考えます。
そうそう。
今回の苦情は
高齢者の体調が
悪くなる・・・という訴えだそうです。
高齢者・・・
お身体に響いてしまうなら・・・

やはり悩ましいですね。
 
お金に困らなくなる。
そんな計画を作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

新しくアカウント作成しました。 LINEに友だち登録してくれた方には 「夢を叶えるお金とビジョン書き込みシート」を プレゼント♪ 友だち登録はこちら↓

友だち追加

Since 2017.9.1

誰にも相談できないお金の悩みを解決! 社長の想いに寄り添う春日部唯一のキャッシュフローコーチ 竹内 美紀 竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office) mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com 〒3440004 埼玉県春日部市牛島125-4 藤の牛島駅 徒歩1分

 

私も執筆しています↓

● 毎日ブログをメルマガにて配信中 登録はこちら↓

 

● ライブ番組始めました http://takeuchifp.com/mikichannel/

資金繰りの不安を抱える経営者のためのライブ番組 FLTV「~Quality time for you~ みきチャンネル」 過去の配信はこちら↓ https://www.youtube.com/channel/UCeuusiWkEXxBPk4xKr0ivCA

 

PAGE TOP