心もお金もみちてくる3つのMの法則

それは、あくまで「自分の解釈」と知るには

No.1279

[temp id=2]

Aさんの
仕事ぶりが気に入らないです。

「Aさんの
仕事ぶりが気に入らないです。」

ある会社の社員面談で
そんな意見がでてきたそうです。

こんなことを
社員さんが
言ってきたら・・・

どうします?

ある会社の社長さん。
入社して半年の社員さんと
面談をしました。

・何か困っていることはないか
・業務上の留意点
・仕事への意欲

そんなことを確認したくて
実施したそうです。

ある社員さんから
同僚のAさんに対して

その仕事への姿勢に対して
不満がでました。

仕事への姿勢。

これ。

社長さんに責任があります。

どんな基準で
どのようにしていけばいいのか。

その方向性を含めて
指針を表していないからです。

Aさんの行動は悪意ではなく
過去から積み上げられた経験からくるもの。

それに対して不満を言った社員さんも
自分の判断基準にAさんが当てはまらなかったから
でてきたもの。

どちらも悪いわけではありません。

そこを揃える。

それをしないと
そのずれは大きくなり
不満につながっています。

判断基準はみな違う。

それを
社長さんはわかったうえで

どうしたら
同じ方向へ
向いていけるのか。

ひとつひとつ
説明しなくても

自分で判断できるように
なる方法があります。

そんな仕組み作り
してみませんか?

そうそう。

人はどうしても
自分の判断基準でものごとの良し悪しを
決めてしまいます。

それが悪いということではなく

それが、自分の判断基準だ、ということを
わかっていることが
大切だと思っています。

あくまでも自分の解釈。

これも私の解釈ですけどね( *´艸`)

[temp id=3]

PAGE TOP