心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1056 恐怖の大王は降ってこなかった?

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

1999年7の月、
空から恐怖の大王が降ってくる

 

当時小学生だった私は
あぁ、その時に死んじゃうんだ・・・

 

と思ったものでした。

 

ノストラダムスの大予言
五島勉さんが
90歳でお亡くなりになりました。

 

書いた本人も69歳で亡くなると
思っていたかは定かではありませんが☆

 

当時、ベストセラーとなり
小学生までもがお騒ぎ。

 

五島さんが
こんなことをおっしゃっていたそうです。

 

「子供まで読むとは思っていなかった」
申し訳ない
と。

 

無事に1999年が過ぎた時。
ほっとしたのを覚えています。

 

決して五島さんのことを
ウソつき、とかは思いませんでした。

 

インタビュー記事があります。

[blogcard url=”https://bunshun.jp/articles/-/5624?page=3″]

弁解するわけではないんだけど、
私は「大予言」シリーズの初巻の最後に、
「残された望みとは?」という章を書いていて
、予言を回避できる方法がないか考えようと言ってるんです。
もちろん、米ソの対立とか核戦争の恐怖とかがあって、
ノストラダムスが警告した状況が来ることは間違いない。
それは破滅的なことかもしれないけど、
みんながそれを回避する努力を重ねれば、
部分的な破滅で済むんだということを書いたんです。
だからこの本は、実は部分的な破滅の予言の本なんです。

 

 

回避する努力を積み重ねれば
部分的な破滅で済む

[word_balloon id=”6″ size=”M” position=”L” name_position=”hide” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]回避する努力を積み重ねれば部分的な破滅で済む[/word_balloon]

伝えたかったことは
そこなのに

 

[word_balloon id=”6″ size=”M” position=”L” name_position=”hide” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″ icon_type=”bummer” icon_position=”top_left” icon_size=”M”]最後まで読んでくれない、[/word_balloon]

最後まで読んでくれない、と。

 

ミステリーが最後にどんでん返しをするように、
初めに全滅するんだと書いておいて、
最後になって人類が考え直して逆転して、
部分的な破滅で済むんだと、
それに向かって努力しなければならないと書いたんです。
だけど、ここのところをみんな読まないんです。

 

当時の小学生はそこまで
読む力はありませんでしたが

 

限られた人生を
一生懸命生きようと

 

思ったことは確かです。

 

けっして自分で絶つことなく。

 

ご冥福を
お祈りします。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

質問を受け付けています。

[contact-form-7 id=”7446″ title=”質問フォーム”]

PAGE TOP