心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1010 持続化給付金の申請エラー事例

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

持続化給付金を支援した
お客様。
続々と、入金連絡があり
安堵の声が届いています。

 

エラー事例があります。

 

1.2020年に法人化した場合
 法人特例という制度で申請ができます。
詳細はこちら(B-6)↓

[blogcard url=”https://www.jizokuka-kyufu.jp/subject/”]

 

エラー事由としては
 設立日が事業収入を比較する2つの月の間であること

 

 という要件にあてはまらなかったから

 

 というメッセージでした。

その方は4月1日に設立し
4月分の売上を対象月として申請していました。

なぜ、設立日のある月の売上減少は対象外なのか。

 問い合わせをしても、混んでいるということで
切られてしまい、理由を確認することができません。

 

 

 想像になりますが、月の半ばで設立した場合
その月の売上は減る可能性が高いですね。

法人と個人事業の合算で提出、など手間がかかりそうです。
そこで、設立日を含む月は対象外にしたのでしょうか。

 

 

 詳しい方、教えてくださいね☆

 

2.白色申告の場合
 添付資料として、確定申告決算書が必要ですが
所得税青色申告決算書は不要と資料には書かれています。

[blogcard url=”https://www.jizokuka-kyufu.jp/procedures_flow/”]

 ところが、資料が足らない、とのメッセージ。

 

これは先方が悪いのでは、と思いますが
連絡は取れません。
そこで・・・
ファイルに
不備のご指摘が、『[所得税青色申告決算書の控]として有効な画像の
添付が確認できませんでした』とのことですが、私は白色申告のため、
青色申告決算書の添付をしておりません。
恐れ入りますが、今一度ご確認して頂き、給付をお願い申し上げます。
とつけていただきました。

さてさて、どうなることやら。

 

給付金の使い道。
しっかり計画してくださいね。

 

経費の支払はもちろんですが
できれば投資へ使って
売上があがる仕組みを作りましょう。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪
PAGE TOP