心もお金もみちてくる3つのMの法則

No.1002 いつも傍に〇〇を

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

[word_balloon id=”6″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]投資をしたいが、補助金を活用できないか?[/word_balloon]

小規模事業者持続化補助金
申請書を書いています。

 

 

小規模事業者持続化補助金について

[blogcard url=”https://bit.ly/36IXW7I”]

 

 

昨日、金沢の税理士の方が
この補助金について
語っていました。

 

 

必要な企業に、補助金が行き渡らない仕組みとは?

[blogcard url=”https://ameblo.jp/arcceed21/entry-12600172630.html”]

補助金を活用する場合でも
一時金を用意する必要があります。

 

今回のお話はIT補助金。
例えば600万円の投資をしようとします。
その投資をすれば確実に
業績がアップすることがわかっています。

 

あとから450万円が戻ってきます。

 

一時的にでも600万円が用意できれば
実行できます。

 

[word_balloon id=”8″ size=”M” position=”L” name_position=”hide” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]お金が用意できない・・・[/word_balloon]

ところが、
この600万円が用意できないのです。
そのために
実施すれば良くなることが
わかっているのに
実施することができません。

 

では、計画的に
準備をしておけばいいではないか

 

確かに
その通りです。
ただし、現実的には
そうではないのです。

 

一方、お金があって
投資をしたい時に
補助金を使えたらいいな、と
思うことがあります。

 

でも、補助金の申請と許可を
待っていると
締め切りから2カ月かかります。

 

もちろん計画的に実施していれば
大丈夫なのですが

 

チャンスは時に突然
あらわれます。

 

補助金の活用は
補助金の申請許可があってからでないと
契約や支払いなど実施できません。

 

許可が出る前にその計画を実行しても
補助金の対象とならないのです。

 

つまり・・・

 

[word_balloon id=”7″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” balloon_effect=”jiggly” font_color=”#222222″]1.大きな投資は計画的に実施すること[/word_balloon]

[word_balloon id=”7″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” balloon_effect=”jiggly” font_color=”#222222″]2.急な出費に耐えられるよう 手元資金を常に用意しておくこと[/word_balloon]

 

1.大きな投資は計画的に実施すること
2.急な出費に耐えられるよう
手元資金を常に用意しておくこと

 

 

わかってはいるけれど
実行してこなかったことが
チャンスを逃すことになります。

 

計画を作る
お金の残す

 

補助金の申請資料を
締め切りギリギリで作成していて
感じていることです。

 

締め切りは6月5日消印有効。
その前に、地元の商工会の資料をいただかないと
行けません。

 

つまり、今日。遅くても6月1日(月)

 

ダッシュですわ☆

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪
PAGE TOP