ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

会計DXってどうやるの?

No.1907,408

マイナ活用、検査院「予想以上の低迷」 自治体「むしろ作業増える」

マイナンバーシステムが
自治体の現場で機能していない実態が、
15日に公表された会計検査院の調査で
明らかになった

という記事がありました。
朝日新聞デジタル

~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小企業に寄り添う
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

新しい仕組を導入する時に
データの移行や
操作の煩雑さ

それらが伴うことは
否めません。

 「かえって現場の事務作業が増える」

それは確かなのかもしれません。

ただ、それを乗り越えなければ
その現場はいつまでも古いやり方で
力作業でこなし

いつまでたっても
「作業」に追われる日々になってしまいます。

作業に追われる。
会計処理に対して
そんな印象をお持ちの方は多いのでは
ないでしょうか?

昨日、DX学校松戸校の開校セミナーを
お手伝いしてきました。

↑ うめけん、こと梅崎校長です。

梅崎健理さんは、DX学校を全国へ展開しています。

↑ 松戸校を開校した小田英男さん

小田さんは、トライアスロンのコーチでもあり
先日のカヤックでは、大変お世話になりました。

大きなテーマは
会計のDX。

いわば、活動の記録ともいえる
お金の動きを
いかにスムーズに処理し
データとして残していくか。

これ、まさに経営に直結していきます。

↑ お客様に寄り添い、ご相談にのっている様子。

近辺のDX学校のメンバーが
サポートに入っています。

全国84校。困った時は
このメンバーがチカラをあわせ
サポートをしていきます。

そんなサポーターがいたら
自治体の現場も楽になるのでは?

ただシステムを導入して終わらない。
そこにDX学校の神髄があります。

春日部校も
会計DXを得意としています。

お金の専門家ですからね(なぜか小さい字(笑))

さて、『最初のい~っぽ』 定例会#1は
会計DXがテーマ。

お楽しみにしてくださいね。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

~ITに詳しくない人がDXを実現するための~
『最初のい~っぽ』 定例会#1

お申込はこちら↓
お申込フォーム



個別相談は下記フォームからもどうぞ。



ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

PAGE TOP