心もお金もみちてくる3つのMの法則

事実ときちんと向き合うには

No.1283

[temp id=2]

起きられない中学生が増えている

テレビでそんな特集をしていました。

起立性自律神経失調症。
(起立性調節障害)

寝ている状態から立った状態に
なった時に

うまく脳へ血が流れず
頭がぼーっとしてしまい
起き上がれない状態になるそうです。

急な腹痛に襲われたり

日常生活に支障が起きてきます。

こんな時
「心の病?」

と思いがち。

これの何が問題かというと

何か病名をつけて
片づけてしまう

ということです。

これを経営に置き換えてみると・・・

新型コロナ感染症の影響で
売上が落ちていても
仕方ないよね。

国のサポートもあるし
コロナが収まれば
回復するよ

と安易に片づけていませんか?

これ。
危険です。

来年か再来年になるかは
さだかではありませんが

コロナが収まった時。

別の世界が展開されている可能性が
あります。

これまでの常識が
常識ではなくなる。

オンラインミーティングひとつとっても
1年前は、不自然に感じていた方も
今は普通になっていますよね。

マスクもそう。

今の外部環境と向き合って
新たな可能性を見出す方法に

SWOT分析という方法が
あります。

強み・弱み
機会・脅威

聞いたことありますか?

強みはけっして
得意なところだけではなく

事実としてきちんと
見極める必要があります。

補助金資料の作成の
関係で

毎日毎日、向き合っているのですが。

これ、補助金を申請しない方にも
やらなくては、

と思った次第です。

これまでの
常識では立ち行かなくなる前に
作戦をうつ。

そんなきっかけを
もってみましょう。

ご相談されたい方は
補助金申請が終わってから(笑)

[temp id=3]

PAGE TOP