心もお金もみちてくる3つのMの法則

小さな目の前のお金で右往左往せず、        未来に向かって行動するには 

No.1385

「心もお金」もみちてくる
「3つのM」の法則
竹内美紀です。

法人化したMさん。

自分のお給料を計算していました。

 

法人化すると
社会保険に入らなければ
いけません。

 

厚生年金と健康保険。
会社が半分くらい負担します。

 

つまり、自分が10万円払うとしたら
会社も10万円。

個人事業とは違って
その負担感は大きくなります。

もちろん。
厚生年金は保障にもなりますし
将来の年金ではあるのも
わかってはいます。

問題は、そのお金が負担ではないか?

という漠然としたお金の不安です。

自分のお給料+社会保険料。
従業員のお給料+社会保険料

いわゆる人件費。
どこまでかけていいのか。

はっきりとした基準がわかりません。

大事なことは、
ひとつひとつの経費から
考えるのではなく

将来どうありたいか。

重要なことは
将来ありたい姿になるために

いくらお金の残していくのか。

そこから逆算することが
大切になります。

「社会保険料の負担が心配」

という状態が

「大した金額じゃない」

になり、

経費の節約しなくちゃ

売上を生み出すためにはどうするか

という視点に変わります。

そして

将来がみえない

という状態が

まず、何をすべきかすっきりします。

ポイントは3つあります。

・1枚の絵を描くだけ
・まずありたい姿
・逆算

お金の悩みから解放されて
本業に専念できるようになります。

▼脱★ドンブリ経営セミナー
https://ppp.takeuchi-cfc.jp/datsudon

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

心がみちるお金もちになる
練習へと導く
竹内美紀でした。

PAGE TOP