ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

まずは自分を守る

No.1785,286

能登半島の地震で
被災した中学生250人が
避難。

そんなニュースが流れていました。

受験を控えたこの時期での被災。
日常さえもままならない中で
今回の決断がなされたそうです。


~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小企業に寄り添う
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

中学生にとっての一日一日は濃厚で
勉強のペースで言えば
これからの2か月間。

全く勉強ができないことへの
影響を考えての対応だったとのこと。

インタビューで

こんなに皆が大変なのに
自分だけ、環境のいい場所へ
行くことはできない

そんなふうに思い残る生徒が
いました。

少し・・・


心配です。

経営者の中には

こんなに大変な想いをするなら
死んだ方がいいんじゃないか。

そんなふうに思うこともある。

そうおっしゃる方もいました。

胸が痛いです。

まだ、話せるだけ大丈夫なのかもしれませんが・・・

自分だけが・・・

この想いが
自分自身を追い込みます。

でもね。

意外となんとかなるのですよ。

無責任ということではなく

自分が仮にいなくなったとしても
意外とその場はまわっていく。

唯一無二。

もちろん
そんな存在にもなりたい。

でも、そのことが
過剰にプッシャーになり
責任を負うような気持ちになるのであれば

それは

傲慢

だと思います。

あなたにとって
唯一無二。

誰かにとって
唯一無二。

あまり
重く背負ってはいけません。

人を守るには
まず、自分を守らなければ
いけません。

自分が立てて
初めて他の人を
救えるのですから。

だから、
その場に残った中学生も
どうか

自分自身のことを
先に考えて

それから

次の世代でもいい

その恩を送ってあげればいい
思います。

無責任になれ

と言っているのではありません。

背負いすぎないで

と言っています。

誰かに話すことで
楽になるなら

目の前にいる

家族に
友人に
仕事仲間に

話すといいと思います。

もしくは

ブログ、書いたらいいかな (笑)

死んじゃってもいいかも

と思ったあなたへ。

生きていた方がいいよ。

ただ

それだけの
ブログでした。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

DX学校春日部校 2024年2月22日開校

DXってなに?


と思われた方はこちらへどうぞ↓

お申込はこちら↓
ゼロから始めるDX入門セミナー



ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

PAGE TOP