ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

営業は商品を売ってはいけない

No.1732,233

売上を上げたい

そう思うとうまくいかなかった。

昨日、事業家同士の集まりがありました。

経験から学んだ素敵なシェアがありました。

~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小零細企業に寄り添う
竹内美紀です。

システムエンジニア時代に
”使えないやつ”と言われ
使えない人の気持ちが誰よりもわかるので

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

事業をしていたら

・売り上げをあげたい
・集客をしたい

必ず、考えますね。

私も営業を10年していたことがあります。

自分の成績ばかりを
考えて行動していると・・・

まったく、売上は上がりません。

ある時、切り替えたことがあります。

お客様は何に困っているんだろう・・・

そうすると

現在は、どんなことをしているのだろう。

お客様に興味を持っていきます。

何をしている人で。
何を成し遂げたいと思っているのか。

それには
何を困っているのか。

では、そのお困りごとを
解決する方法を一緒に
考えることはできないのか・・・

そんなふうに考え方を
変えてみました。

すると・・・

結果が出てくるんですね。

その時から
数字を追うのはやめよう

営業なのに
数字を追わない働き方になりました。

さて、シェアの内容です。

***

この商品を売りたい。

そんなことばかり考えていることに
気づいたんです。

お客様がほしいのは
商品ではない。

お困りごとを解決したいだけなんだ。

だから

自分の職業は伏せて
何に困っているのか

じっくり聴くことにした。

そうしたら
相手も自分のことを
知りたいと思ってくださり

いつの間にか
売りたい商品以外も
活用していたくことができた。

***

そう。

お客様がほしいのは
商品ではなく

そこだけ。

でもね。

ついつい・・・

売りたくなってしまうのも
わかります。

売上をあげる

だけでなく

売上をあげて
利益を残し

それで誰の何に貢献したいのか。

それを言語化してくことが
大事です。

そこにお客様の笑顔が
見えたら・・・

もう、大丈夫ですよ。

DX化。
ついつい、そんな言葉を使ってしまいますが

お客様がほしいのは
わくわくした未来。

そこにお手伝いができるように・・・
ですね。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

グローバルな視点でローカルに貢献する
グローカルなDX学校春日部校 1月開校
ただいま、絶賛準備中です。

ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

PAGE TOP