ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

未来を創る春日部市のDX

No.1712,213

春日部市行政改革審議会に出席してきました。

春日部市行政改革審議会とは
市が取り組んでいる行政改革に対して
素朴な疑問から継続について
第三者として
意見を述べさせていただく場です。

~*~*~*~*~*~*~*~*

「心もお金」もみちてくる
「3つのM」の法則
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

最初は、声をかけられて
委員として応募させていただきました。

2年目となり
内容についても深く考えるようになり

反映されるかはわかりませんが
意見を言えるようになってきました。

これ、地域住民として
とても大切なことだと思っています。

春日部市で創業した者として
地域が良くなっていくことは
とても大切。

そして、ここで子どもを育て
親もここで暮らしている。

住みやすい。
活躍できる。
誇りに思える。

そんな春日部市で
あってほしい・・・

なんて、思ったりしてます。

この審議会を
担当しているのが

総合政策部 行政デジタル改革課 行政デジタル改革担当

お?!

これは・・・

DX推進計画を提示している部だそうです。
https://www.city.kasukabe.lg.jp/soshikikarasagasu/degital/kakushukeikaku_sengen/20302.html

資料はこちら↓
デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画

これは!


ご縁を感じ

今、どんな感じで進めているのか
おうかがいしてきました。

市の方なので
お名前やお写真は遠慮するとして・・・

担当の方が特に目を輝かせていた部分について
取組を少しご紹介します。


市民への影響という視点です。

1.「書かない窓口」「待たない窓口」
2.AI翻訳タブレット
3.SNS活用による道路状況確認

1.「書かない窓口」「待たない窓口」


 
 <現状> 窓口へ出す前に、住所など
     細かい情報を手書きで記入。その受付、書類発行。待ち時間30分~1時間。

 <改善後>
     スマホでの事前入力や情報の読み取り機能を
     利用して、申請書を書かずして、手続きが
     できるようになる。

 <効果> これにより、手続きにかかる時間や申請書に
      記入する負担の軽減を目指す。

2.AI翻訳タブレット

 <現状> 手話や外国語など、対応可能な職員が限られるため充分に対応しきれないことがある。

 <改善後>
     様々な外国語に対応でき、誰もがスムーズな対応ができるようになる。

 <効果> これにより、多言語での窓口対応を目指す。

3.SNS活用による道路状況確認

 <現状> 職員が巡回することで状況を確認している。道路被害の発見や対応の遅れや見落としが発生する。

 <改善後>市と市民で道路の被害状況をSNSを活用して共有する
     

 <効果> 迅速なる対応の実現。市民の防災意識の向上と職員巡回負担の軽減。

読み解いていくと面白そうです。

そうそう、マイナンバーを使ってコンビニで
住民票や戸籍謄本が取得できます。

年度末2024年3月までは
なんと10円。
https://www.city.kasukabe.lg.jp/soshikikarasagasu/degital/gyomuannai/18424.html

これにより、コンビニ取得率が40%になったとか。

ひとつひとつ、進んでいますね。

さて、春日部市の宣伝になっていますが
この施策は5年間。

ひとりひとりの職員に
浸透させるところが勝負になります。

この仕組み。
勝負どころですよ。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

心がみちるお金もちになる
練習へと導く
竹内美紀でした。



========================

ご感想やお問合せはお気軽にどうぞ↓

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

PAGE TOP