ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

迷った時はあるべき姿を描く

No.1605,106

バレーボールの世界大会
ファイナルラウンド進出を決めた
男子チームのキャプテン石川祐希選手が
インタービューにこたえていました。

チームの目標はどうやって決める?

という質問に対し

”キャプテンのあるべき姿”

という視点で語っています。

~*~*~*~*~*~*~*~*

「心もお金」もみちてくる
「3つのM」の法則
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

yahooニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/a30443064d75565224aabafed058d1bd9034faf9

“皆が一つのものに向かってトライしていく”

全員で意見をだしあい
全員で決めていく。

理想の姿ですね。

小学生の頃に
バレーボールを始めて
かれこれ、現役時代も含めて

ずっと、バレーボールに
注目していました。

男子バレーは弱い。

勝てない。

そんなふうに言われていました。

勝った時代といえば
1972年のミュンヘン大会
常に語られていましたっけ。


(よく知らない時代ですけど)

それから低迷時代が続いたので
今のチームの強さを
感慨深く、受けとめています。

あるべき姿。

本来のあるべき姿はなんなのか。

それを描けたら、
90%、仕事は終わっている

と言われています。

物理学者のアインシュタイン


1時間以内に問題解決を
しなければいけないとしたらどうするか?

という問いに対し

「私なら最初の55分は
 適切な質問を探すのに費やすだろう。
 重要なことは質問するのを止めないことだ」

と答えています。

これは
方眼ノートの講座でいえば

最初に書く行のことを
さしていて

あるべき姿になるために
どうしたらいいのか。

その質問内容を
明確に言語化できれば

その問題は解決したも同然。

ということを示しています。

あれこれあれこれ。

事実でないところで
人は考えがちです。

本当の課題をみつけ
それに対して、あるべき姿は
なんなのか。

そこがわかれば
答えを導くことができます。

男子バレーチーム。
「あるべき姿」「ありたい姿」を
全員で描いた。

それに向かって、何をすべきか。

明確ですよね。

そのインタビューを
傍らできいていた
女子チームのキャプテン
古賀紗理那選手。

YAHOO!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/e2e7028ee196567ee2bb486c0012fcbffbfe8152/images/000

女子は、選手間でそういう話をしていなかった

とのこと。

これから、持ち帰って
話をするとか。

女子チームの躍進も近いかもしれないですね。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

心がみちるお金もちになる
練習へと導く
竹内美紀でした。



========================

経営のこと、講座の情報を発信しています

心もお金もみちてくる
「3つのM」の法則
~Quality time for you~
メルマガ登録はこちら↓



ビジネスの基礎力をつける講座はこちら↓
毎月第3金曜日開催

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

PAGE TOP