ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

No.1160 調子の悪いときは

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
“生きにくい”をなくし
未来を拓く思考術で
人が変わる瞬間に関わり続ける
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

昨日、野球の試合が
ありました。
(写真は資料映像です)

 

子どもたちの試合前の練習の風景や
試合での様子・・・

 

ついつい、自分の子どもの頃の
部活を思い出してしまいました。

 

私は、熱血?バレー部員で☆

 

毎日の練習や反省をノートに書いていました。

 

その時、どんなことを
書いていたのかを
今でも思い出すことができます。

 

特に、心に残っているのは・・・

 

どんなに練習していても
いつもと違って何か
身体の調子が乗ってこない時が
時々あります。

 

その時に
どうしたらいいのか
どうしたらいいのか
そんなことをずっと
考えていました。

 

それが試合の当日だったら・・・

 

そこで
テーマを上げていました。
今、書くとしたらこんな感じだったでしょう。

 

調子の悪い時はどんなふうにプレーを
すれば、チームの勝利に貢献できるのか

 

いつもいいわけではない

 

それを考えていたことを
思い出します。

 

事業も同じです。

 

いつもいいわけではない。

いつもいいわけではない。

 

そんな時を想定し
どんなふうに動くかを
予め決めておけば

 

悪かったとしても最小限に
抑えられます。

 

さて。
今日は、息子とノートを書きます。

 

昨日の振り返りと
これからのこと。

 

 

社長さんも一緒にノート書いてみませんか?

 

そうそう。

 

中学生時代に
調子の悪い時にやることをひとつ
見出していました。

 

声を出す。

 

ひとりでこもらずに
声を出して、盛り上げる。

 

これ、体調に関わらずできること
ですものね。

 

逆に、そういうメンバーがいたら
声をかけてあげる。

 

試合はチームワークで決まることが
多いですから。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

未来はノートで変えられる!
何かうまくいかないことがあったとしたら
それは才能や能力のせいではなく
ノートの書き方に問題があったのかもしれません。

詳しくはこちら↓

 

 

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

PAGE TOP