ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

No.1121 あれもできない、これもできない、と思ったら

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
“生きにくい”をなくし
未来を拓く思考術で
人が変わる瞬間に関わり続ける
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

会社から帰ってきた娘が
半べそをかいていました。

 

あれもできないこれもできない

あれもできない
これもできない

 

同期と比較されたみたいです。

 

人は、つい他人と比べ
自分を追い詰めていきます。

 

あんなにすごい人がいるこんなにすごい人がいる

あんなにすごい人がいる
こんなにすごい人がいる

 

そんな時、2つキーワードが
あります。

 

ひとつは

 

比べるのは他人ではなく
過去の自分

そして、

 

比べる相手は
完璧な人ではなく

 

傍からみると完璧に見えるけれど
それでも自分の未熟さを見つめ
努力をしている人

 

そんな完璧なように見える人でも
そんなに努力をしているので
あれば、

 

自分もがんばろー

 

って思えます。

 

そして、なぜ自分ががんばろー

 

と思うのか。

 

ありたい姿があるからです。

 

そのありたい姿に向かっていれば
今が、どうであろうと

 

よし
よし

 

だと思います。

 

ありたい姿を言語化する。
アニメキャラクターを
目指している娘は
将来、自分のキャラクターを
デザインすることが夢です。

 

そのためには

 

難しいソフトもマスターしたい。

 

では、何をするか。
ひとつひとつ分解して
今、
明日
することを決めました。

 

最初の小さな一歩。
ベビーステップといいます。

 

この一歩が進めたら
もう大丈夫。

 

ここまでを
娘は私に導かれながらも
自分でこたえを
出していきました。

 

これ、方眼ノートで
できます。

 

毎日のあれこれは
毎日、方眼ノートで解消する。

 

自分が会社員時代に
できなかったこと。

 

伝えていきます。

 

そう。
比べるのは自分ではなく
過去の自分

 

です。

 

自分ばかりを
責めないでくださいね。

 

そうそう。
社会人1年目。
まだまだ、始まったばかり。
伸びしろでいっぱいですよ☆

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

仕事や会議、セミナー活用、学校の勉強。
ノートひとつの使い方で結果に大きな差が出ているとしたら,
あなたはどうしますか?

たかがノート,されどノート。

ノートの使い方が変わってくることで「成果」がグッと変わってくるとしたら。
その方法を手に入れたくないですか?

そして、そして。
人によっては人生までも変わってしまうかもしれないこの方法。

未来を拓くメルマガ 配信開始いたします。
メルマガ登録の方の特典もあるかも☆

ご登録はこちら↓

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別アーカイブ

PAGE TOP