ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

No.982 ブックカバーチャレンジはチェーンメール?

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。
「7日間 ブックカバーチャレンジ」

バトンが渡されました。

ブックカバーチャレンジとは

読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、
好きな本を1日1冊、7日間投稿します。
*ガイドライン*
1.本の説明はせず、ブックカバー(表紙画像)だけをアップ
2.投稿の度、FB友達を1人指名しチャレンジへの参加を依頼してみる

とのことです。

 

ん?
チェーンメールの一種かな?
 
、と
思いました。

 

チェーンメールは
幸であろうと不幸であろうと
勇気をもって
切ってしまうのですが・・・

 

今回の目的は
読書文化の普及。

 


なんて、あまり
難しく考えず
おもしろそうだから、
でいいのかな、と
思い

 

そのバトンを受け取りました。

 

このバトン。
誰に渡すか、ということが
ネックになるようです。

 


毎日、記事をあげることって
大変なことですものね。

 

 

こんな記事がありました。

人に物事を頼むハードルを下げること、
頼まれたことを断るハードルを下げること、
断られることに慣れることにつながればいいなって
思っています。

 

記事はこちら↓

 


仕事をしていると
人に頼むことも多くあります。

そして頼まれることも
あります。

 

それがお互いにWINWINであれば
いいですが

 

そうでないことも
あります。

そんな時は
断ってもいいのだと
思います。

 

だから、もしも
私からバトンが
届いても

 

やりたくなかったら
断って大丈夫です。

 


さて、本日は
お互いが
自分のノウハウを
惜しみなく?
出し合ったことによる
企画されたセミナー。

 


本日は仲間うちだけで
実施しますが

 

こんなふうに
自然に生まれた企画が
つながっていくと
おもしろいな、と
思います。

 

人と人とのバトンは
思いやりでつながっていくのが
一番です。
あ。

7日間 ブックカバーチャレンジ。

 

このバトン、受け取ってみたい方は
ご連絡くださいね。

チャレンジは
ゆるりと展開します。

1日目のこの本については
のちほど、フェイスブックにて。

フェイスブック↓
https://www.facebook.com/miki.takeuchi.376

 

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

 

申請のための 手順書等をプレゼント







未来思考の社長へ送る 経営に役立つメルマガへの登録はこちら↓

 

Since 2017.9.1

 

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

PAGE TOP