ITに詳しくない中小企業にITを導入できる人材を育てる研修。 DX学校春日部校。人が自立的に動き成果をあげる仕組みづくり竹内美紀のブログ

何を引き継ぎ何を残すか

No.1768,269

「今、来るときに
すっごい事故があってね」

突然、話し出す彼に
お客様は興味を抱き
彼の話に引き付けられていきます。

~*~*~*~*~*~*~*~*

ITに詳しくない中小企業に寄り添う
竹内美紀です。

2つの講座とノート1枚
欲しい結果を手に入れる方法を
お伝えしています

~*~*~*~*~*~*~*~*

そして、
彼のサービスを
いつの間にか利用してしまう。

そんな敏腕営業マンがいました。

そう、彼は
タオルの営業をしていました。

彼の家には
溢れるようにタオルがあり
(見本品や、小さな綻びがある
売れない商品)

タオルは買わないもの

と家族は思っていたとか。

いつしかディズニーランドへ
納入する企業と取引が始まり
ミッキーのタオルだらけ・・・

↑「ディズニーランド」と検索したらこれが・・・

2023年大晦日。

1年の最後の日にすることは
決まっています。

まず、お墓参り。

お墓は、自宅からクルマで10分くらい。
ジョギングでは30分くらいかかります。

近いといえば近い。
でも、えいっと行かないと
行けない距離でもあります。

そこには
父の自筆で書かれた墓標があります。

(旧姓は「谷井」といいます)

太く、太く。
生きた父の印象は
あまりにも強く。

たけうち
たけうち

こんな時、父だったらこう言うよね。
こんなふうに怒るよね。

亡くなって8年経とうとしていますが
その印象はそんなに薄くなりません。

ある時、父が語ったのが
冒頭の・・・

「今、来るときに
すっごい事故があってね」

まだ、学生だった私は
営業というものをよくわかっておらず

でも、楽しそうに語っている父を
嬉しくみていたものです。

そして、病気がわかった時。
私と2人で宣告を受けました。

手術をして
なんとかなるだろう、と
思っていましたが

なりませんでした。

わかってから3か月。

あっと言う間に
私の前から去ってしまいました。

父の戦略なのか

父は1月1日に息をひきとりました。

その日は必然的に家族が
集まる日となりました。

それを今は感じています。

社長さん。

今の事業がこのまま続くのか
続かない可能性があるとしたら
今、何ができるのか。

そこにDXはお役に立つことができるのか。

関わることで
誰かの幸せに貢献できるのか。

仕事をしている意味をも
考える時間となりました。

振り返りつつ・・・
お墓参りへ。

そこにはもう一人眠っています。
一人じゃなくなって、寂しくなくなったかな・・・

1年の終わりに少しだけしんみりと?

すみません。

来年が実り多き
幸多い日々でありますように・・・

また、1日1日を。
それしかないのです。

ありがとうございます。

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。

DX学校春日部校 2024年2月22日開校

DXってなに?


と思われた方はこちらへどうぞ↓

お申込はこちら↓
ゼロから始めるDX入門セミナー



ご興味ある方はこちらから
期待、感想、質問など、どうぞ。
(必ずお返事します)


※誠意のない営業に対してはお返事しないこともあるかもしれません。

========================

[ninja_form id=

ご訪問数(since2022.5.4)


DX学校春日部校

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP